管理者ページ | RSS | ATOM | 食材または料理名を入力して検索してください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-
-
栗の保存と食べごろ
栗

blogの知り合いjoeさん丹波篠山のwebサイトを教えてくれました。
それによると短期貯蔵処理後4〜6週間経ったものが最も美味しいのだそうです。



短期貯蔵(温湯処理方法)
(1) 2リットルの水を鍋に入れて火をかけ、水温が75度〜80度になれば、栗1キロを素早く入れる。火を弱くして80度以上にあがらないように注意して1分間浸漬したら水を切る。(水量対栗の量、水温、時間の厳守)

(2) 栗の表面が乾く程度に陰干しをし、貯蔵は穴をあけたビニール袋で冷蔵庫へ。
author:sai, category:果実
comments(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-
-
Comment